この記事のタグ

【鹿角人をつなぐリレー取材No,1】お米屋の安保大輔さん

2019.02.26

カテゴリ

安保大輔さん

こんにちは、スコップ編集部のいとうです。

この記事は、リレー形式で鹿角に住む「ひと」をどんどんつなげていく企画です。

記念すべき第一回目は、お米屋さんである「安保金太郎商店」の
安保大輔(あんぼ だいすけ)さん。
どんなひとなんでしょうか?

さっそくいってみましょー!

鹿角では3つの顔で有名人!

安保大輔さん

生まれも育ちも鹿角市の安保さん、
東京の農業大学を卒業したあとすぐに鹿角へ戻ります。

「家族経営みたいなものなので、小さいころから両親、おじおばの姿を見てて。
日本の食を支えているという感覚はありました」

さて、そんな安保さんですが、鹿角では3つの顔で有名です。

ひとつめは、もちろん「安保金太郎商店」の社長として。

ふたつめは、先日スコップで取材させていただいたばかりの
「ロケーションかづの」の副会長として。
詳しくはこちらをチェック!

みっつめは、鹿角きりたんぽFMの人気番組「アニソン店長!!」の
パーソナリティとして。

安保大輔さん

今回は「安保金太郎商店の安保大輔」が「アニソン店長の安保大輔」になるまで、
を詳しく訊いてみました。

鹿角きりたんぽFM立ち上げと同時にスタートした「アニソン店長!!」。
(FM設立のため、2年間の放送練習を安保金太郎商店でおこなったそう!)

アニソンに詳しくない安保さんがアニソン店長になった理由は、
安保金太郎商店の人気商品「鹿角の萌えみのり」がきっかけでした。

ふたりの「みのりん」がつないだ大きな縁

安保大輔さん

2009年にこちらの「鹿角の萌えみのり」を商品化したところ、
すぐに2ちゃんねるにスレッドが立つほど話題に。

その後、東京は秋葉原での物産展でのようすを、新聞社2社がトップで取り上げ!
(帰りの車では注文メールのお知らせが鳴り止まなかったそう…!!)

人気を呼ぶきっかけとなった「鹿角の萌えみのり」のキャラクターが、
こちらの「みのりん」↓

安保大輔さん

そしてそして、同じ愛称つながりということで、
声優・茅原 実里(ちはら みのり)さんのラジオにファンのかたが投稿します。

安保大輔さん

茅原実里さんの「かわいい」のひとことで、またもや注文殺到…!!!!!

うーん、すごい流れ…!

しかしなんと、それだけで終わらず、
茅原実里さんとのコラボ企画まで実現しているんです。

安保大輔さん
画像:ロケーションかづの公式サイト

2010年には一年かけて、田植えから稲刈りまで、
鹿角に通って一緒に作ってくれたそう!
(声と姿だけじゃなく、心もお美しい方なんですね…!)

さらに、安保さん自身も、
茅原実里さんのファンクラブイベントやラジオの公開録音などに参加。

「茅原実里さんのおかげで、さまざまな場所で’鹿角’と’米’、
その両方を広めることができて、すごく大きな恩を感じています。
全国ツアーで廻った先で、’鹿角の萌えみのり’の話をしてくれるんですよ。
これはなんとか恩返しをしなければ、と思ってました」

そんなとき、コミュニティFM立ち上げの話があり、「これだ!」と思った安保さんは、アニソン番組の企画をとおしたそうです。

茅原実里さんの公式HPはこちらから!
Minori Chihara Official Website

茅原実里さんのファンが鹿角観光大使に!?

安保大輔さん
(イベント「湯の駅ナイト」でもゲストで登場。
この日も、茅原実里さんやファンの方々との交流についてお話してくれました)

「少なくとも鹿角のひとには、茅原実里さんの名前を知ってほしいなと
思っているので、番組では必ず茅原実里さんの曲を流しています。
それが恩返しになれば…と」

茅原実里さんをきっかけに、ファンの方が500人以上、
国内外から鹿角に足を運んでくれたそうです。

ファンの方々は鹿角に泊まって、安保さんに会いに行き、
さらに茅原実里さんが行ったことある場所へ…。

「お米を買いに会いに来てくれて、そのまま鹿角のファンになってくれるんですよ。(来てくれたファンの方は)鹿角の観光大使です」

順風満帆、すべてが成功しているように見える安保さんですが、

「’鹿角の萌えみのり’は成功したけど、いろんな失敗もしてきているんですよ。
農業はいいアイディアが生まれても栽培がむずかしくて失敗することが多いから」

いまの農業事情についても、分かりやすく教えてくれました。

すべてを書ききることはできないので、
印象に残った言葉をピックアップしてご紹介します↓

「農家は、自分が作ったものを誰が食べているのかが見えれば、
モチベーションのアップにつながると思うんです。
少なくとも、小売店まで分かれば、その地域に愛着も湧くのではないかと。
’顔の見える生産者’があるけど、その逆が、あればいいなぁと思います」

平成5年には’こだわりの米’を作るグループを立ち上げ、通販限定で販売。
「訛りが聞きたい」と電話注文が来たり、仲良くなったりと、
やりがいにつながっているそうです。

たしかに、私たちはいつも生産者さんのことを知りたがりますが、
その反対ってあまり考えたことは無いんですよね。

「このほうれん草、うまー!」「今年のりんごは史上最高じゃないか?」
「作ってくれてありがとうございます!」、とか、
自宅ではたぶんみんな言ってますよね(笑)

そんな食に対する気持ちがよりダイレクトに、
農家さんに伝わるようになればいいのになぁ、と思いながら、取材を終えました。

安保さん、農業のこと、鹿角のこと、たくさん教えてくれてありがとうございました!

さて、リレーのバトンタッチはどなたになるでしょう?

【安保金太郎商店】

0120-08-2028(ご注文専用フリーダイヤル)
/0186-25-2028
公式サイトはこちら!

【アニソン店長!!】
■鹿角きりたんぽFM(79.1MHz)
■毎週水曜22:00~
■再放送は再放送は金曜9:30~/土曜18:30~/翌週火曜9:00~
Twitterはこちら!

【この記事を書いたライター】

スコップ編集部

鹿角の魅力的な情報を掘り起こしていきます!

鹿角の新着 求人情報

「働く人の幸せを追求する」創業150・・・

株式会社千葉旅館(龍門亭 千葉旅館)

「経営を目指すならぜひ飛び込んで」 ・・・

株式会社せせらぎ宿 (四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテル)

求人情報をもっと見る