「働く人の幸せを追求する」創業150年の歴史をもつ老舗旅館

【求人情報】

「働く人の幸せを追求する」創業150年の歴史をもつ老舗旅館

株式会社千葉旅館(龍門亭 千葉旅館)

こんな人と一緒に働きたい

・明るい人
・想像力がある人
・マルチタスクな仕事が好きな人
・幹部候補生として働きたい人

仕事内容

「子どもが熱を出しても休めない…」「都会のように女性が自由に活躍できないのでは…」
鹿角市で働く女性のなかには、そんな不安をもっている方もいることでしょう。

しかし鹿角市はいま、若い世代のリーダー達によって大きく変わろうとしています。

今回紹介する仕事は、旅館業。
客室係から厨房や事務まで、幅広いセクションでの募集ですが、なによりも女性が働きやすい職場としての魅力があふれている場所です。

秋田県鹿角市大湯地区で創業150年の歴史をもつ、「龍門亭 千葉旅館」。

新たな仕掛けでトレンドを追い続け、大切な日を演出

龍門亭 千葉旅館

明治2年、南部藩の家臣 千葉禮八胤虎(チバレイハチタネトラ)が、明治維新を機に宿屋をはじめたのが「千葉旅館」のはじまりです。

明治11年に休息によった南部利剛侯が、庭園の小滝と鯉を見て、龍が跳ね上がるように感じたことから、「龍門亭 千葉旅館」と名付けられました。

現在では、鹿角市の温泉郷である大湯を代表する旅館のひとつ。

戦後の大観光時代にはうちにも団体で来るお客さまが多かったけど、時代の流れとともに個人グループのお客さまサービスにシフトしてきたんです

そう話してくれたのは、六代目社長である千葉 潤一さん。

龍門亭 千葉旅館 千葉 潤一さん

鹿角市にある大規模ホテルが団体客ニーズに応えていくなかで、千葉旅館は「大切な人との思い出作りのお手伝い」という軸を作ってきました。

その根本には、「旅館の基本は、お客さまに喜んでもらうこと。どうしたらお客さまに喜んでもらえるか?を時代の流れにあわせて考える」という千葉社長のブレない方針があります。

そういった長い歴史を持つ千葉旅館は、日本の伝統を守りつつも、つねに新しいトレンドを追って進化を恐れない姿勢が特長的です。

たとえば、「龍門亭 千葉旅館」の名を見事に表している庭園。

龍門亭 千葉旅館 庭園

この庭園は、もともと回遊式だったそう。しかし、回遊式であるがために浴場を思うように設計できなかったり、雨や雪を考えると半年程度しか楽しめる期間がなかったりというマイナス点も、もっていました。

そして「だったらいっそ、回遊式をやめて、眺めるためだけの庭園にしよう」と、大胆にも庭園を造り変え、浴場も造り直し、庭園にはライトアップをほどこし…と、新たな仕掛けを作ったんだそう。

龍門亭 千葉旅館 露天風呂
(冬の露天風呂の様子。庭園を写真撮影するためだけに立ち寄る方もいるとのこと)

社員同士がアイディアを出し合って試行錯誤することで、相乗効果が生まれる」と千葉社長はいいます。

もちろん、改善すべき部分もあります。たとえばうちは古い部分と新しく建てた部分があるためにスムーズな導線が作れていないことがある。バックヤードでの労力とか、そういった部分について、これから入ってくる人も含めて、少しずつ改善していけば成功したときの喜びは大きい

「働く人たちの幸せがいちばん大切」と考える千葉社長にはいま、力強い味方がいます。

それは娘であり、次期七代目となる黒川花子さん。

旅館は女性が必ず活躍できる場所。次期七代目が語る職場としての千葉旅館

龍門亭 千葉旅館 黒川花子さん

黒川花子さん、26歳。

千葉社長の長女である花子さんは、数年以内に七代目として千葉旅館を継承する方です。そして、今年ふたりめの赤ちゃんを迎える母親でもあります。

インタビューを開始してすぐに花子さんは、「千葉」ではなく「黒川」の姓を名乗るそのわけを教えてくれました。

(結婚して苗字が変わるときに)最初はやっぱりビジネス上だけでも’千葉’を名乗っていたほうが分かりやすいのでは?という意見もありました。でも、今の時代ですから、お嫁にでた人が実家を継いだり、いろんなケースがあったりって当然だし、なにより’千葉の娘’じゃなくて、自分自身でつながりを作っていきたいと思ったんです

そんな花子さんが、女性として、母として、そして後継者として見据える千葉旅館の未来。

旅館はどうしても女性のスタッフがメインです。でもそれは、女性が必ず活躍できる場所、ということなんですよね。問題は、労働の時間帯なんです

お客さまのチェックインに合わせて出社し、次の日の準備までかかる旅館業の現実的な問題は、結婚して子どもがいる方にとっては難しい時間帯の勤務になるということ。

しかしその点について、花子さんは大きな希望を持って未来予想図を描きます。

(問題点である労働の時間帯について)シフト制で上手にまわせるようにしていきたいと考えています。働く人の負担になる会社は、未来のない会社だと思っています。だから例えば子どもが熱を出したらすぐに帰れるような—―いろんな人がいて、いろんな働き方ができる、そういう雰囲気を作るのが目標です

花子さんは理想を語るだけではなく、実際に秋田県の女性活躍・両立支援推進事業への取り組みなど、着実にその道筋を整えています。

都会と地方の大きな違いは、既婚女性が多いこと。

「既婚女性が働けなくて、人手不足は当然」と、地方の現実に向き合いながら、この町によりそった環境作りをしている花子さん。

お子さまのいる女性だけではなく、男女問わず、「本気で旅館業をやってみたい」「仕事に打ち込んで自分をスキルアップさせたい」など、多様な人たちがひとつの職場で気持ちよくスムーズに働くことのできる環境をめざしています。

東京の高校へ進学し、19歳で鹿角市へUターンしたあとには十和田八幡平観光物産協会・地元のアパレル店・大湯温泉の観光協会にて勤務を経験。

そして、それぞれの勤務経験から、多くのことを学んできました。

十和田八幡平観光物産では、観光や鹿角市の基本的なことについて、仙台での物産展に行き参加したり問合せの電話にとまどったり、本当に身体で覚えていきました(笑)アパレルは、ずっとやってみたかったんですけど、大手チェーン店で店長代行などを務めました。マニュアルがしっかり完備されているところだったので、教育の順序なども身についたし、旅館とは違ういろいろなお客さまとの接客も勉強になりました

最終的なゴールは千葉旅館になるだろう、と思っていた花子さんは、それまでにいろんなことを経験したかったそうです。

花子さんは女性としての強さを感じる方ですが、とても話しやすくて、気さく。これまで大変な思いをしてきた女性にとっても、心を開きやすい上司になるだろうと感じます。

マルチタスクな旅館業は、想像力をもった地域のコンシェルジュであることが理想

龍門亭 千葉旅館

「(職場として)旅館は働く人の幸せの追求のためにある」という千葉社長と、「働く人の負担にならない職場作り」という花子さんの思いには、通じ合うものを感じます。

旅館での仕事はいわばマルチタスク。

客室係や厨房、事務とそれぞれのセクションはあれど、「この業務だけをおこなっていればいい」ということはありません。

各セクション同士のつながりを密に、協力しあうチームワークが求められます。

千葉社長も花子さんも、「想像力をもって働くことが何より大切」と同じ言葉を口にします。

一緒に働く人のことはもちろん、お客さまの要望に応えるためにも、想像力が必要です。

その想像力は、職場やお客さまを越えて、「鹿角市全体のことを考える」ことが重要だと花子さんは続けます。

旅館は地域のコンシェルジュでもあるんです。紅葉や桜など季節的なことも含めて、自分の働く場所以外の’外’にも興味をもってほしい

龍門亭 千葉旅館 土産品
(鹿角のモノにたくさん触れて欲しい・知って欲しいという思いから、土産品にもこだわりをもっています)

お客さまの求める地域の情報を、ただ業務として覚えるのではなく、楽しんで伝えていくことで、鹿角に来てくれる人を増やそうという気持ち。

それが、お客さまからの「ありがとう」やリピーターという、大きなやりがいにつながる仕事です。

千葉社長もまた、鹿角市内のホテルや旅館の個性を大切に、ライバルとしてぶつかり合うことではなく、仲間として鹿角市という面としてエリアの魅力を広げていくことが重要であるといいます。

お客さまからの「ありがとう」を聞くために
~社員さんインタビュー~

龍門亭 千葉旅館 社員さんインタビュー

求人情報をきっかけに入社し、勤務歴10年以上となる兎澤さん(38)は、ほぼ未経験で入社し、「右も左も分からない状態で大変だった」と当時をふりかえります。

「体力仕事であることは大変だと感じますが、笑顔をつねに意識しています」と話す兎澤さん。

「ありがとう」とお客さまから言われたときのよろこびは当時も今も変わらないのだそう。

「違うと思ったら違うというなど、伝えるべきことは言葉にするけど、なごやかだから話しやすいんです」と、社内の雰囲気について教えてくれます。

これからもお客さまからの「ありがとう」を聞くために、「新人さんサポートや指導方法をみんなで指摘しあえる楽しい職場をつくっていきたい」という目標をもっています。

メッセージ

龍門亭 千葉旅館

今回のインタビューを通して、千葉社長と花子さんが一貫して伝えてくれたのは、「働く人の幸せ」ということ。

「極論を言えば、お客さまのために旅館をやっているのではなく、働く人の幸せを追求するためにやっている。そのために、お客さまに喜んでもらうことが重要なんです」という千葉社長と、いろんな人が負担なく働ける環境作りをしている花子さんから、最後にメッセージをもらいました。

まず、敷居が高そうって思わないでください(笑)本当に敷居なんて高くないんです。人が好きで、鹿角に興味を持てる人と一緒に働いていきたいと思っています」(花子さん)

いちばんの目的は、自分が幸せになること。自分たちが暮らす地方をいかに輝かせることができるかで、日本の未来は変わります。小さな旅館だからこそ、ファミリーとして、お互いの幸せを実現させていきましょう」(千葉社長)

地方でがんばってみたいという方、そして女性として働きやすい職場を求めている方を、千葉旅館は待っています。

募集要項

企業名・団体名株式会社千葉旅館(龍門亭 千葉旅館)
応募期間2019年5月1日迄
募集職種①客室係
②接客係
③清掃係(客室風呂清掃等)
④清掃係(トイレ・布団カバー交換等)
雇用形態①正社員
②~④パート
勤務地秋田県鹿角市十和田大湯字上ノ湯16
勤務時間①詳しくはお問い合わせください
②1)17:00~21:30 2)07:00~10:003)07:00~12:00
③・④1)09:00~12:00
給与①正社員 月給 150,000円~170,000円
②~④パート 800円~1,000円
※詳しくはお問い合わせください
休日・休暇旅館の指定日
※詳しくはお問い合わせください
待遇詳しくはお問い合わせください
採用予定人数①~④各1名
選考プロセス 1)下記からエントリー後、
履歴書を弊社までご持参ください。

2 ) 面接を実施

3 ) 面接の結果をお知らせします。
勤務開始日相談

4 ) 勤務開始
会社情報株式会社千葉旅館(龍門亭 千葉旅館)
秋田県鹿角市十和田大湯字上ノ湯16
電話番号0186-37-2211
Webサイトhttp://www.ryumontei.com/

メッセージ

いちばんの目的は、自分が幸せになること。
自分たちが暮らす地方をいかに輝かせることができるかで、日本の未来は変わります。
小さな旅館だからこそ、ファミリーとして、お互いの幸せを実現させていきましょう。

この求人に応募する

他にもこんな求人情報があります!