鹿角市内トップの技術力!若手に人気の建設会社

【求人情報】

鹿角市内トップの技術力!若手に人気の建設会社

株式会社 柳沢建設

こんな人と一緒に働きたい

・協調性のある人
・明るい人
・元気な人
・体力がある人
・最後までやりきれる人

仕事内容

新3K!優良工事表彰で市内ナンバーワンの実力とやりがい

柳沢建設

鹿角市大湯にある大正2年創業の「株式会社 柳沢建設」には、
10代から30代と若手の社員が多くいます。

もちろん、50名ほどの社員のなかにはベテラン社員も多く、
大手ゼネコン・鹿島建設の共同企業体として、
かづの厚生病院やコモッセ、花輪スキー場ジャンプ台など大きな仕事も担っています。

厳しいイメージのある建設業に、なぜこれだけの若手が揃うのか、
まずは代表取締役社長の柳沢 義生さんにお話を伺いました。

現在、4代目となって柳沢建設を背負っている方です。

「大学卒業後すぐに入社して、作業員からの叩き上げです(笑)
入社当時は大学で学んだ知識と現場のギャップに驚いたこともありました」

現場出身の柳沢社長が感じるやりがいは、「達成感」。

「作ったモノが後世に残っていく仕事です。子どもにも自分の仕事を見せることができるんですよね」

柳沢建設

そしてさらにお話を深く伺ってみると、若手社員が働きやすい社風は
柳沢社長が「入社後の厳しさ」と上手に向き合っているから作られているように感じます。

「入社して3ヶ月目くらいが少し辛く感じる時期。
でも1年乗り越えれば、達成感や面白さを感じられるようになります。
その1年を乗り越えるためには、社員同士のコミュニケーションが大切です。
だからなるべく年の近い現場監督に付かせるようにしたり、
頃合いを見て話を聞くようにしたりとフォローをしています」

「信無くば立たず」「和を以て貴しとなす」、
柳沢建設が掲げるこのふたつの経営方針は、信頼なしで同じ現場を作ることはできないということ。

’作業員からの叩き上げ’の柳沢社長だからこそ、社員さんと同じ目線になれるのかもしれませんね。

社員同士の風通しがよく、やりがいもある。

とはいえ、やはり「3K(きつい・汚い・危険)」というイメージが残ってしまう建設業界。
そんななかで柳沢建設は「新3K」を掲げ、若い人が働きやすい職場環境を整えています。

「’給料がいい’ ’休暇が多い’ ’希望がある’ が、新3Kなんです」(柳沢社長)

柳沢建設では、各種資格取得・優良工事表彰受賞報奨金や色々なインセンティブが出されます。
※規定あり※

柳沢建設

こちらが、建設企業の技術向上を目的として実施されている「秋田県優良工事表彰」で
受賞したときの写真。

鹿角市内で受賞数トップ、県内でも15位という好成績をおさめている柳沢建設。

「秋田県優良工事表彰」では施工管理の綿密さや出来栄えなど、
ひとつひとつに点数が付けられていきます。

前回の表彰で柳沢建設は90点の高得点、さらに特別表彰を受ける10回目の受賞でした。

柳沢建設
(画像:株式会社 柳沢建設 公式Facebookページより引用)

柳沢建設
(春山除雪のようす)

高い技術力を認められている柳沢建設、最大の特徴は「最新技術の導入」に力を入れていること。

自社機械にこだわり、講習に通いながらどんどん技術力を更新しています。

変わらぬ建設業のやりがいは残しつつも、時代に沿った技術を身に着け、
目に見える形での評価を得られる柳沢建設だからこそ、
「新3K」の実現が叶っているのではないでしょうか。

社員インタビュー
【入社3年目】工事現場で働く人のカッコよさに憧れて

柳沢建設

入社3年目の根市 勝仁さんにお話を伺いました。

鹿角市花輪出身で地元就職をした根市さん、現在は現場監督見習いをしています。

建設業へ進むきっかけを訊いてみると、

「親が体を動かす仕事をしていたことと、工事現場で働く人のカッコよさに憧れたことです」

と、即答。

「実際に働いてみると体だけではなく頭も使います。
それがやりがいでもあるんですけど、入社当初は想像以上に大変だなと思った時期もありました。
ただ、ここはコミュニケーションがとても取りやすくて。
いろんな年齢層の人がいても、仕事やプライベートの話ができて救われました」

根市さんにとって柳沢建設での仕事のやりがいは、体と頭を使うこと、
そして地域の方からの声が聞けたとき、やりがいを感じるといいます。

「趣味は体を動かすことで、陸上部、ラグビー部を経験しました」
と話す根市さんの目標は、施工管理の資格取得とのこと。

若い世代が多く活躍する柳沢建設には、一緒に成長していけるメンバーが多くいます!

社員インタビュー【勤続20年弱】現場の違いがおもしろさになる

柳沢建設

つづいてお話を伺ったのは、勤続20年弱というベテランの湯瀬 守さんです。

大湯出身の湯瀬さんは大学卒業後、しばらくは県外にいたといいます。
ご両親からの声もあり、28才のころ鹿角へ戻ったタイミングで柳沢建設へ入社。

現在、土木工事の施工管理をされている湯瀬さんがこの道に進むきっかけとなったのは、
学生時代に言われた「向いてそう」という些細なひとことだったようです。

「現場はひとつひとつが違います。
自分で考えたり描いたりしたモノ(設計図など)に沿って仕事を進めて、
完成させることが本当に面白いです」

たくさんの現場を見てきたベテランだからこその言葉。

そんな湯瀬さんですが、ご自身の指導力にはまだまだ自信がないといいます。

「若い人への指導力を高めて、もっと若い人が活躍できるようにしていきたい」

湯瀬さんのようにご自身の指導力と真摯に向き合う指導者がいるからこそ、
若い世代も素直な向上心で成長していけるのではないかと感じます。

社長からのメッセージ

「建設業は、災害があればいち早くかけつけます。
東日本大震災でも災害現場へ出向き、自衛隊が通るための道を作りました。
鹿角市内でも、水害復旧で河川堤防の工事などを請け負う「町医者」のような存在です。
こういったインフラ整備の仕事は誇りになります。
UターンでもIターンでも、ぜひ一緒に鹿角のためになる仕事をしていきましょう!」

募集要項

企業名・団体名 株式会社柳沢建設
募集職種 ①現場監督員
②土木作業員兼重機オペレーター兼大工(見習い可)
雇用形態 ①② 正社員
応募資格 ①・土木・建築施工管理技士1級または2級
 ・普通自動車運転免許(AT限定免許は不可)
②普通自動車運転免許(AT限定免許は不可)以上
 *車両系建設機械運転技能者、大型・大型特殊運転免許、土木・建築施工管理技士1級または2級があれば尚可
勤務地 秋田県鹿角市十和田大湯字川原ノ湯15-10
勤務時間 ①② 8:00~16:30
給与 ①月給 236,000円~276,000円(欠勤控除あり)
 他に資格手当等あります
②月給 200,100円~276,000円(欠勤控除あり)
 経験及び資格保持者の方で、試用期間後即戦力となる方は賃金や資格手当等優遇します。
休日・休暇 日曜、隔週土曜など
ほかGW休暇、お盆休暇、年末年始休暇など当社カレンダーによる
待遇 各種社会保険
昇給年1回、賞与年2回*会社業績による
採用予定人数 ① 1名
② 2名
選考プロセス 1)下記からエントリー後、履歴書を持参又は郵送してください
2)書類選考後、面接の可否及び日時について連絡します
3)面接を実施します
4)面接結果をお知らせします
会社情報 株式会社柳沢建設
秋田県鹿角市十和田大湯字川原ノ湯15-10
電話番号 0186-37-2129
Webサイト https://yanagi-k.co.jp/

メッセージ

建設業は、災害があればいち早くかけつけます。
東日本大震災でも災害現場へ出向き、自衛隊が通るための道を作りました。
鹿角市内でも、水害復旧で河川堤防の工事などを請け負う「町医者」のような存在です。
こういったインフラ整備の仕事は誇りになります。
UターンでもIターンでも、ぜひ一緒に鹿角のためになる仕事をしていきましょう!

この求人に応募する

他にもこんな求人情報があります!