発祥の地!?小坂町クリスマスマーケットで歴史ロマン溢れる夜を過ごそう

2018.12.19

カテゴリ

12月に入り、鹿角市内もクリスマスムード一色!みなさんはどんな風にクリスマスシーズンを楽しんでいますか?

さて、今回スコップするのは「小坂町」です。秋田県鹿角郡小坂町は、鹿角市花輪の中心部から車で20分程度とほど近く、明治から続く文化が色濃く残る町。ほかの鹿角とはまた違う、異国情緒をたっぷりと感じることができるエリアなんです。

そんな小坂町では現在「クリスマスマーケット」が開催されています。

小坂のクリスマス

ふだんの鹿角とは違う顔を見せてくれる、おしゃれな小坂町のクリスマスをのぞいてみましょう!

明治期からの遺産が多く残されている「明治百年通り」に入ると、キラキラ輝くイルミネーションがパッと目に入ります。

⇒明治百年通りまでのアクセスはコチラ

小坂のクリスマス

車を降りてマーケットが開催されている「天使館」や「小坂鉱山事務所」のあるエリアへ進むと、雪の白さとイルミネーションに彩られた夜の青さが相まって、とても幻想的な雰囲気に。

小坂のクリスマス

子どもたちの元気な声が聞こえてきます。クリスマスらしい、わくわくした気持ちでさらに進むと・・・おっと、出迎えてくれたのはサンタクロースとフクロウちゃん!

小坂のクリスマス

ツーショットにも快く対応してくださいました(フクロウちゃんは視力抜群!カメラのフラッシュはやめてあげましょう♪)

小坂のクリスマス

「天使館」も、「小坂鉱山事務所」もライトアップされて、まさにクリスマス一色。

小坂のクリスマス

小坂のクリスマス

写真を撮れるスポットもいくつか用意されているので、思いっきりおしゃれして行きましょう!(私は寒さに負けました)

小坂のクリスマス

小坂のクリスマス

クリスマスのショッピングって、なんだかワクワクしませんか?

マーケット内にはお店が立ち並び、雑貨に特産品、さらに限定販売のシュトーレンを置いたパン屋さんまで!(写真を撮り忘れましたがシュトーレン、おうちで美味しくいただきました)

心いっぱい目一杯、クリスマスで満たしてもらえます。

小坂のクリスマス

私がその場で頂いたのは鹿角の名産豚肉のソーセージ。テーブルがあるので落ち着いて食べられるのがうれしいですね☆

小坂のクリスマス

地元の小学生が、自分たちで廃油を活用して造ったキャンドルを歩きながら販売してるのが愛らしいですよね。(子どもたちの元気な声の正体はこれだったのか~)

小坂のクリスマス

小坂町とクリスマス

「どうして小坂町がこんなにクリスマスで盛り上がるの?」と思うかもしれませんが、じつはこの小坂町とクリスマスには、深いつながりがあるんです。

その歴史を、最後に少しだけ紹介します。

政府がドイツから小坂町に鉱山兼製鉱師を招いたのは明治6年のこと。その名をクルト・A・ネットーという、それはそれは優秀な方だったそう。(なんと後々は東京大学教授になっている方!)

このクルトさんこそが、今の「小坂町クリスマスマーケット」の基盤を作った方なんです。

ドイツではクリスマスシーズンに入るとマーケットを開き、クリスマス当日まで楽しむ習慣があるそう。「母国のクリスマスを小坂町にも」と、クルトさんは町の人々を招いてクリスマスの光を灯してくれました。ちなみにクルトさん、4年という長い時間を小坂町で過ごされたそうですよ。

そんな歴史深いクリスマスを味わえるのは、小坂町ならでは!

ツリーを飾るなど、近代的な現在の日本のクリスマスを作った「発祥の地」ともいわれているゆえんですね。そして発祥の地であるかどうか以上に、クルトさんが残した文化をずっと続けていることに小坂町の魅力を感じます。

12月22日(土)にも開催されるので、地元の方でまだ行ってないよ~!という方はぜひ。そしてこれから冬に鹿角観光を考えている方もぜひ、小坂町クリスマスマーケットへ足を延ばしてみてくださいね♪

また、地元の方からの「いまこんなイベントが鹿角でやってるよ〜!」という情報提供や、他県の方からの「鹿角のこんな部分が知りたいんだけど?」というスコップへのお声などもお待ちしております!

【この記事を書いたライター】

スコップ編集部

鹿角の魅力的な情報を掘り起こしていきます!

【この記事のタグ】

鹿角の新着 求人情報

「働く人の幸せを追求する」創業150・・・

株式会社千葉旅館(龍門亭 千葉旅館)

「経営を目指すならぜひ飛び込んで」 ・・・

株式会社せせらぎ宿 (四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテル)

日本の建築現場を、鹿角から支える!

株式会社ファストコム 建助事業部

求人情報をもっと見る