この記事のタグ

大湯の夏!職人が打ち上げる大迫力花火

2019.02.19

カテゴリ

大湯温泉夏祭り

こんにちは、十和田高校3年の小坂橋穂乃佳・奈良七海ペアです!

鹿角おもしろスポットとして、私たちが取材してきたのは「大湯温泉夏祭り」です。
昭和24年に始まった歴史あるこの夏祭り、毎年7月の第4週に開催されています。
みどころはなんと言っても花火です!

毎年、自分たちも楽しみにしている大湯の夏祭りと花火、
どんなひと達が作っているのかが気になり、
観光情報をまとめている大湯温泉振興プラザ・こけし館でお話を伺ってきました。

1000発連続!大迫力のクライマックス

「大湯温泉夏祭り」の花火は177社・23区の自治会によって提供され、
秋田県内にある「須藤火工」さんが打ち上げています。

15名ほどにもなる花火師のかたが集まり、
夏祭りが始まる前日にホテル鹿角の裏にある高台で準備をはじめます。
実際に打ち上げるのは、コンピューターによる操作とのこと。

今年は、昨年よりも観光客数が増加し、
7月29日時点で1万2千人もの人が来場したそうです。
やはり今年は、4月に「湯の駅おおゆ」ができたことによって
来場者が増えたようです。

もしも、当日雨天で、花火があげられないときは、
日にちを変えることは予算上ないそうで、
そのまま翌年まで持ち越しになってしまいます。

花火はもちろんクライマックスが、もっとも盛り上がります!
「大湯温泉夏祭り」では、1000発もの花火が連続で上げられるそう。
実際に見ると大迫力で感動を味わえます。

皆さんも大湯温泉夏祭りに行ってみませんか。
花火ひとつひとつに職人がこめたメッセージを一緒にみましょう!!
そして花火のきれいさをより近くで見てほしいです。

私たちは、こけし館に行き大湯温泉夏祭り鹿角花火大会について
今までわからなかった花火の打ち上げかたなどを聞くことができ、
本当にいい体験ができました。

今まで気づかなかったことにも視点を変えることができました。
これからの花火の見方がわたしの中で変わるかもしれません。
そして、伝統ある夏祭りをなくさないように地域に貢献できる人となれるように
がんばりたいとおもいます。

【この記事を書いたライター】

奈良 七海・小板橋 穂乃佳

小板橋穂乃佳と奈良七海はあまり仲良しではないが、ときどき仲が良いです。その中で2人で協力して大湯の祭りと道の駅について調べました。

鹿角の新着 求人情報

「働く人の幸せを追求する」創業150・・・

株式会社千葉旅館(龍門亭 千葉旅館)

「経営を目指すならぜひ飛び込んで」 ・・・

株式会社せせらぎ宿 (四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテル)

求人情報をもっと見る