秋田鹿角市にて3日間の「毛馬内盆踊り」が開催されました

2018.09.14

毛馬内盆踊り 踊り子

国の重要無形民俗文化財にも指定されている
『毛馬内盆踊り(けまないぼんおどり)』が 秋田県鹿角市十和田毛馬内にて
2018年8月21日(月)~23日(水)まで開催されました。

県内外から多くの人が訪れ、
優雅に舞う『毛馬内盆踊り(けまないぼんおどり)』に魅了されました。

毛馬内盆踊りは、毎年8月21日から23日まで行われる
鹿角市毛馬内で篝火を囲んで優雅に舞われる盆踊りです。

毛馬内盆踊り 提灯

大太鼓と笛の囃子で踊る「大の坂」と、
無伴奏の唄のみで踊る「甚句」で構成され
その起源は、なんと約450年前にさかのぼると言われています。

保育園の小さな子供から高校生、地元企業まで幅広い年齢層に愛される盆踊りです。

毛馬内盆踊り 参加者

毛馬内盆踊りの踊り手衣装は、
一般的に男性は紋付等の着物に水色のケダシ、
女性は留袖、訪問着等にとき色のケダシ
さらに男女とも手拭い(豆しぼり)で頬被りをするという特徴があります。
着物をはしょり、帯下に黄色のシゴキを巻くところも特徴です。

毛馬内盆踊り 衣装

独特の頬被りは、この地域がかつて藩境で争いが多く、
婦女の略奪等を避けるために変装をした名残りと言われています。

十和田高校には毛馬内盆踊り同好会があり、高校生にも人気が高い盆踊りです。

鹿角の新着 求人情報

「働く人の幸せを追求する」創業150・・・

株式会社千葉旅館(龍門亭 千葉旅館)

「経営を目指すならぜひ飛び込んで」 ・・・

株式会社せせらぎ宿 (四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテル)

日本の建築現場を、鹿角から支える!

株式会社ファストコム 建助事業部

求人情報をもっと見る